top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

ワークデイ導入の成功の鍵は何ですか?


WORKDAYとは何ですか?

Workdayはオンデマンドの財務管理および人的資本管理ソフトウェアベンダーです。現在、それは43億ドルの収益を上げる多国籍企業であり、企業向けの財務、人事、および計画のためのエンタープライズクラウドアプリケーションの主要な提供業者です。


WORKDAYの最大の魅力は何ですか?

マーケティングエージェンシーファームEnlyftによって収集されたデータに基づくと、Workdayを使用している企業は、最も多くがアメリカに拠点を置き、コンピュータソフトウェア業界から来ています。これらの企業のほとんどは、従業員数が1,000〜5,000人であり、収益が10億ドル以上です。


企業は通常、次のビジネスドライバーのためにWorkdayを導入します:

HR、給与などのプロセスをサポートしている複数のERPアプリケーション(しばしば複数の地理的位置にわたる)を1つのアプリケーションに統合するという指令。 中央集権型のERPソリューションでは対応していない部門固有の要件を満たす必要性。


WORKDAYの導入

他のどのソフトウェアプラットフォームと同様に、Workdayの導入には利点と課題があります。成功したWorkdayの導入は、コスト削減、迅速な実行、パフォーマンス向上、従業員の士気向上につながる可能性があります。Workdayは、組織の既存の人的資本管理(HCM)に関連する機能を拡大し、ビジネスプロセスを効率化する潜在能力を持っています。ただし、それ単体では機能しません。Workdayの効率とコスト削減を最大限に活用するために、組織はWorkday PECI(Payroll Effective Change Interface)を介して、給与プロバイダのプラットフォームとWorkdayを統合することに焦点を当てる必要があります。Workday PECIは、各従業員の給与変更を順次送信し、各変更の有効日とデータ入力日を含みます。この機能の利点は、情報が単一のソースから直接取得されることです。これにより、給与処理がライブデータに基づくより正確で迅速なプロセスになります。


一方で、Workdayの導入の最大の課題の1つはエンドユーザーの採用です。エンドユーザーには、通常、人事専門家や管理職などが含まれますが、新しいシステムに適応や調整するのに苦労する場合があります。


成功した導入の鍵

成功したWorkdayの導入には、詳細な計画が必要です。慎重に策定されたロードマップと明確な変更管理計画が必要です。Workdayの導入後のさまざまなビジネスシナリオを考慮に入れてください。たとえば、効果的なビジネスの意思決定を促進するために、どの部門がより明確になる必要があるかを考慮します。同時に、リーダーは給与や休暇管理モジュールなどの他のフェーズXの導入も検討する必要があります。組織に計画されている他の人事関連システムの導入は、確実にWorkdayプラットフォームに影響を与えるでしょう。導入と変更管理計画は、将来の変更を考慮に入れる必要があります。


成功したWorkdayの導入には、断固とした効果的なプロジェクトマネージャーが必要です。プロジェクト全体のライフサイクルを通じてプロジェクトを推進し、マイルストーンをタイムライン通りに達成するだけでなく、必要なリソースを特定し、変更管理チームを設立する責任もあります。


チームのための堅固なガバナンス構造を持つことは、より効率的な導入を促進するのに役立ちます。たとえば、定期的な進捗会議をスケジュールすることで、プロジェクトメンバーはプロジェクトの進捗状況を把握し、次のステップやフェーズを明確にすることができます。また、プロジェクトメンバーは割り当てられた範囲内で潜在的な障害をエスカレートさせることができ、プロジェクトマネージャーは即座に問題や遅延に対処することができます。


最後に、Workdayは最終的にはデータに大きく依存するソフトウェアプラットフォームです。既存の人事データのクリーニングに時間を費やすことが重要です。人事プラットフォームは、それにフィードされるデータに依存するだけの価値があります。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page