top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

なぜWorkday PECI統合フォーマットを使用すべきか


Workdayは、多くの企業が世界中で選択しているHCM(人事労務管理)の選択肢です。Software-as-a-Service(SaaS)として、WorkdayはHCMと財務アプリケーションの両方にクラウドベースの単一のデータベースを使用し、ビジネス機能全体での統合と組み込みビジネスインテリジェンスを提供します。また、サードパーティの給与エンジンへのクラウド接続も可能です。従来、このコネクタテクノロジーはPayroll Integration Common Output File(PICOF)とも呼ばれる形式で提供されていましたが、PICOFは現在では廃止予定の製品と見なされています。2016年に、WorkdayはPICOFの代わりにPayroll Effective Change Interface(PECI)を導入しました。このインターフェースは、各従業員の給与変更を逐次的に送信し、各変更の有効日とデータ入力日を含めることで、支払いトランザクションの可視性を向上させるために設計されています。


最近のWorkdayユーザーにとっては、PECIが馴染みのあるフォーマットかもしれません。ただし、Workdayの初期導入者はまだPICOFを使用している可能性があります。


アジアでの事業を展開している組織は、おそらくPICOFからPECIへの移行を行うでしょう。現在のところ、Workdayにはアジアでの給与処理と計算の機能がないため、アジアのWorkdayユーザーは給与サービスプロバイダとの統合や現地の給与計算ソフトウェアの利用が必要です。まだ移行していない組織にとって、以下に移行を行うのに最適な時期である理由が4つあります。


PICOFはもはや主要な出力形式ではありません

PECIのリリースにより、PICOFは廃止予定の製品と見なされています。つまり、Workdayはこのテンプレートに対して今後の改良や変更を行わなくなります。組織は即座にPECIに切り替える必要はありませんが、PECIへの切り替えを遅らせると、既存の利点やさらなる改良の恩恵を受けることができない可能性があります。


オートコレクト機能

PECIのオートコレクト機能により、組織と給与パートナーの効率がさらに向上します。給与部門内でのデータの変更や修正は避けられません。PICOFでは、各データの変更を給与パートナーに伝える必要があります。この手作業は多くの時間を取られるだけでなく、給与のミスの可能性も高まります。一方、PECIの形式では、給与パートナーに送信されるデータファイルに修正が自動的にラベル付けされます。修正は「R」(取消)または「C」(修正)で注釈が付けられます。この機能により、修正の追跡にかかる時間が大幅に削減されるだけでなく、組織と給与パートナーの間のデータ変更のコミュニケーションプロセスが自動化されます。


給与変更の可視性の向上

PECIの大きな利点の1つは、「フルスタック」の可視性を提供することです。一方、PICOFは「スタックの先頭」のデータのみ提供します。つまり、PECIでは、企業は報酬トランザクションのすべてのスタックを抽出することができます。この形式では、すべての変更が明確に表示され、有効日とレコードの順序が提供され、すべての有効な変更を表します。例えば、同じ給与サイクル内で休暇に入り戻ってくる従業員を想定してみましょう。給与専門家は、従業員の休暇日を手動でソフトウェアに追加する必要があります。なぜなら、最新のトランザクションである従業員の復帰のみがシステムに送信されるからです。PECIでは、給与専門家は特定の支払期間内のすべてのトランザクションとイベントを表示することができます。


データの完全性の向上

新しいPECIフォーマットは、プラットフォームの統合実行間のすべてのデータ変更をキャプチャすることで、データの完全性を向上させます。つまり、同じセットのデータを含む2つのPECI統合は存在せず、データの損失のリスクを防ぎます。一方、PICOF形式を使用している組織は、各変更を手動で給与パートナーに伝える必要があるため、データの複製やデータの損失のリスクに直面する可能性があります。


PECIが提供するデータの完全性の向上に加えて、WorkdayはPECIに追加の機能であるイベント駆動型統合(EDI)を追加しました。この機能はPICOFとは互換性がありません。EDIの利点は、新規採用や退職した従業員など、重要なイベントを給与パートナーに効率的に伝えることができる点です。これにより、給与パートナーはこれらの従業員のオンボーディングやオフボーディングをより効率的に管理することができます。EDIは、従業員の最初の給与支払いや最終給与支払いの前に特定の給与規制や法規に対応する必要がある国で事業を展開している企業に特に有益です。


PICOFからPECIへの移行は、単なるソフトウェアのアップグレード以上のものです。これは組織がグローバルな給与プラットフォームをWorkdayと統合するための必須のステップです。Workdayの最新の給与連携フォーマットにより、データの可視性が向上し、自動化が進み、ビジネスと給与プロバイダ間のコミュニケーションが強化されます。すべてのプロセスは容易に実装できるものです。PECIは、競争の激しい現在の市場で組織が先を行くために不可欠な、一流の給与サービスの基盤を築くものです。


閲覧数:153回0件のコメント

Comments


bottom of page