top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

雇用規制の中で給与の外部委託を活用する際のナビゲーション



ポスト・パンデミックの時代は、今日の組織のあり方を大きく変えています。ハイブリッドな勤務形態が当たり前になり、従業員の健康だけでなく、多様性、公平性、インクルージョンに対する配慮が急速に浸透し、従業員の全般的なニーズをサポートすることが、今日の組織にとって重要な鍵となる分野となっています。組織が労働力を最大限利用しながら業務を維持しようと努力する中で、人事に課せられた最大のストレスの原因のひとつは、特に雇用条件、給与、納税などの面で、現地の規制へのコンプライアンスを維持することです。


EY社の2021年グローバル給与実態調査によると、給与コンプライアンスに関する法規制の変更に対応することは、給与システム内の不正確な従業員源泉データに次いで、コンプライアンス上の課題として第2位にランクインします。半数以上(58%)の企業が、リモートワークの方針と、それが複数法域の給与源泉徴収やその他の給与コンプライアンス要素に与える影響を評価することが、ポストパンデミック時代における企業の重要な優先事項になっていると回答しています。


定期的に変更される雇用規制へのコンプライアンスを確保しながら、給与計算を一人で管理するのは面倒な作業であることを考えると、給与計算業務を第三者のベンダーにアウトソーシングすることを選択する組織が大多数であることは驚くことではありません。給与計算をアウトソーシングすることで、企業は雇用法を遵守し、多額の罰金や罰則を回避することができます。


労働法の遵守


労働規制が常に変化している場合、企業は雇用法や給与計算に関する規制を遵守することに困難を感じるかもしれません。このような複雑さは、従業員の雇用、給与計算、納税、経費精算の際に不正確さや不必要なミスを引き起こす可能性があります。給与計算のプロフェッショナルであるアウトソーシングベンダーは、最新の雇用法に関する専門知識と知識を十分に備えている可能性が高いため、給与計算だけでなく、最低賃金、労働時間、法定休暇、福利厚生の要件など、最新の雇用・給与要件へのコンプライアンスを確保する上でも、組織にとって有益となるでしょう。


罰則の回避


税法、給与規定、労働法は頻繁に変更される傾向にあり、コンプライアンス違反は、しばしば組織に多額の罰金や罰則を科す結果となります。給与計算アウトソーシングベンダーは、通常、変更される要件に常に対応し、最新の雇用法に沿った正確で最新の雇用・給与報告書を確保できるよう組織をサポートします。このため、雇用や給与計算のミスが発生する可能性が低くなり、罰則を受けるリスクを最小限に抑えることができます。


法的リスクの最小化


雇用関連の法的紛争は、組織にとってコストと時間のかかるものとなります。これには、雇用契約、人事方針および手続き、法定雇用条件の不遵守に関する意見の相違が含まれます。最良の給与計算アウトソーシングベンダーは、最新の雇用法や規制に精通しており、組織の人事方針や手続きが法令に準拠していることを確認するためのガイダンスを提供することができます。さらに、雇用関連のクレームや紛争の処理に精通している場合もあり、組織が法的な落とし穴を回避できるよう、貴重なサポートを提供することが可能です。


雇用規制を遵守することは、従業員にとって公平で公正な職場環境を作りながら、法的リスクや多額の罰則を最小限に抑えるために、組織にとって不可欠なことです。法規制を遵守し、絶えず変化する雇用規制を先取りするための解決策は、経験豊富な給与計算ベンダーと提携することです。給与計算ベンダーは、最新の雇用要件に関する詳細かつ専門的な知識を提供し、企業の人事ポリシーや手続きが法令に準拠したものとなるよう支援します。同時に、標準化された給与計算プロセスへのアクセスを提供し、人事部門から給与計算処理と雇用管理の管理負担を取り除くことで、人事部門はより重要で戦略的な人事業務に集中することが可能となります。


Add us on LINE app and stay connected with the latest updates and news!


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page