top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

給与に対するデジタルの影響:HRプロフェッショナルが未来に備える方法

更新日:2023年6月22日


デジタルHRは、組織が人事を管理する方法を変革しました。これにより、給与を含む多くのHRプロセスが効率化されました。新しいテクノロジーツールやアプリケーションの登場により、HRプロフェッショナルは、より効率的に問題を解決し、イノベーションを実現することができます。本記事では、デジタルHRが給与に与える影響、HRプロフェッショナルが直面する課題、および将来の重要なトレンドについて調査します。


デジタルHRは、タイムアンドアテンダンスのトラッキングから福利厚生管理まで、給与に大きな影響を与えます。たとえば、KronosのタイムアンドアテンダンスソフトウェアなどのデジタルHRツールにより、従業員は電子的に出勤・退勤できます。このデータは自動的に給与システムに送信され、手動でのデータ入力の必要性をなくし、エラーのリスクを低減します。これにより、HRプロフェッショナルは時間を節約し、従業員が正確かつ遅れることなく支払われることを保証します。


もう一つの例は、経費管理ソフトウェアであり、経費管理を提供します。従業員はオンラインで経費を登録・管理できるようになり、登録プロセスを簡素化し、書類作成を減らします。これにより、従業員は自分の経費を管理するために必要な情報にアクセスでき、HRプロフェッショナルは他の給与関連のタスクに集中できます。


デジタルHRはデータ管理を改善します。レポートと分析機能を使って、人事担当者は労働コスト、離職率、給与のトレンドなど、重要な給与メトリックスを追跡できます。これにより、人事担当者は給与に関するデータ駆動の決定を行い、改善すべき領域を特定することができます。


コンプライアンスは、デジタルHRが給与計算に重要な影響を与える別の領域です。デジタルHRにより、税金や控除を自動的に計算することができ、エラーのリスクを減らし、税法に準拠することができます。社会保険、年金制度、税金控除要件など、複雑な日本の給与計算コンプライアンスにおいては、デジタルHRツールはこれらのプロセスを簡素化し、組織が最新の規制に準拠することを確実にします。ただし、HRの専門家は、地元の給与計算コンプライアンス要件の微妙なニュアンスについても認識しておく必要があり、現地の専門家と密接に連携してコンプライアンスを確保する必要があります。


デジタルHRは多くの利点を提供しますが、HRの専門家はこの変化に適応する際に直面する課題があります。その主な課題の1つは、スキルアップとリスキルの必要性です。HRの専門家は、急速なイノベーションのペースに遅れないように、新しいデジタルHRツールや技術を学ぶ必要があります。また、他の関係者と効果的にコミュニケーションを取り、デジタルHRへのスムーズな移行を確実にする必要があります。

もう1つの課題は、データセキュリティとプライバシーです。給与に関する機密情報が増えるにつれて、HRの専門家は従業員データが保護されるようにする必要があります。データ漏洩を防止し、データ保護規制に準拠するために、安全なシステムを使用し、強力なアクセス制御を実施する必要があります。

給与に対するデジタルの影響に先んじて、HRの専門家が最新の技術やツールについて情報を得ることは重要です。業界のカンファレンスやイベントに参加し、トレーニングや開発の機会を探し、業界の他の専門家とネットワークを構築することで実現できます。ITやその他の関係者と緊密に協力することも、新しいデジタルツールやシステムへのシームレスな移行を確実にするために重要です。さらに、HRの専門家は、現在の給与プロセスを正確に理解して、新しい技術を組織に効果的に統合する必要があります。


結論として、デジタル人事は組織が人的資源を管理する方法を変革し、給与に与える影響は大きいことがわかりました。デジタル人事によって多くの給与関連プロセスが効率化され、より正確になりました。ただし、HRの専門家たちは、新しいスキルの習得、データセキュリティ、プライバシーなどの課題に直面しています。給与に対するデジタルの影響に備えるため、HRの専門家は常に情報を収集し、準備をしておくことが必要であり、そのためには組織が将来のデジタル給与に対応できるように準備を整える必要があります。


LINEアプリで友達追加して、最新情報を手軽に受け取ろう!


閲覧数:7回0件のコメント

Commentaires


bottom of page