top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

日本における契約社員採用の概要



ギグエコノミーとは、独立請負人やフリーランサーによって占められた、一時的でパートタイムのポジションに重点を置いた労働市場を指す。ここ数年、日本でもギグエコノミーが徐々に浸透していることが明らかになっている。日本の主要なオンラインタレントマーケットプレイスであるランサーが発表した統計によると、2015年から2018年にかけて、日本のフリーランスコミュニティは23%増加した。また、日本のフリーランサーの収入は2018年から2019年にかけて125%増加した。


ギグエコノミーや契約社員に対する心構えの変化に伴い、労働者の雇用や採用においてもHRは契約社員を採用する際に、雇用とオンボーディングのプロセスを再構築する必要がある。


日本の契約社員


契約社員は日本における3つの一般的な雇用契約の1つであり、短期間での就業(3か月、6か月、12か月など)が多い。多くの従業員は、契約社員を試験期間や規制の一形態として利用している。しかしながら、近年、契約社員の福利厚生は厳しくなっている。


日本の契約社員は、正社員と同様の福利厚生を享受でき、健康保険や社会保険の対象になります。また、有給休暇や年次有給休暇、不当な解雇からの権利もある。これは、雇用契約の期間にかかわらず、すべての契約社員に適用されます。


契約採用のメリット


契約採用により、従業員は完全にその職種にコミットすることなく、興味のある職種を試すことができます。また、契約社員はリモートワークもできるため、柔軟性に富んだ仕事に従事できます。これにより、興味のある職種を探索しながら、時間の柔軟性と優先順位を楽しむことができるため、彼らの仕事がより刺激的で魅力的になる傾向があります。


契約採用のデメリット


契約採用は、短期間に関連するため、組織にとっては苦痛になるかもしれません。特に、長期的または大規模なプロジェクトを達成する必要がある場合、雇用者は契約社員を雇うことが困難になる場合があります。


職業安定性の欠如は、社員にとってストレスになる可能性があり、契約社員は正社員として扱われません。社員が組織で働き続けたいと思っても、これらの契約社員に十分な空きがない場合があります。


契約採用は、職場の人材ギャップを解消するための新しい選択肢です。そして、日本の経済において成長しているトレンドの一つです。契約社員は、組織にとって柔軟な解決策を提供し、低コストで済ませることができます。しかし、長期的な仕事関係を確立することができないことや、連続性の欠如による欠点があるため、契約社員を雇用する際には、メリットやデメリット、およびこの種の雇用に関連する現地の労働規制について注意深く認識する必要があります。

Add us on LINE app and stay connected with the latest updates and news!

閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page