top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

レーニングトラッキングシステムを使用して知識のギャップを埋める



現代のスピード感あふれる競争の激しい人材環境において、組織が先を行くためには、継続的な学習・開発プログラムが重要です。同時に、従業員も定期的にスキルアップやクロススキルを身につけ、組織に貢献することを継続していく必要があります。


世界経済フォーラムの「2023年の仕事の未来レポート」によると、今後5年間で従業員のスキルの約44%が変化すると予測されており、組織と従業員の双方にとって、知識のギャップを埋めることが極めて重要になります。スキルや知識のギャップを解消するための最も一般的な方法は、リスキリングであり、すでに37%の組織がリスキリングのトレーニングやスキルアップの機会を従業員に提供しています。

従業員の学習と開発の機会を最大限に活用するためには、学習・開発プログラムの効果的な管理を保証する、安定したトレーニング追跡システムへの投資が必要不可欠です。

ここでは、トレーニング追跡システムを活用することで可能となる組織と従業員の知識のギャップ解消方法および、能力と実力を備える優秀な人材を育成するための方法をご紹介します。


トレーニングプログラムの効率的な追跡


トレーニング追跡システムは、人事部がトレーニングプログラムを効率的に管理するための一元化されたプラットフォームを提供します。これには、個々の従業員の学習進捗の追跡や、習得予定コース、修了済みコースの追跡などが含まれます。ほとんどのトレーニング追跡システムでは、人事部が必須のトレーニングや学習プログラムを簡単にスケジュール設定することが可能であり、従業員が必要なトレーニングを時間内に完了することを保証します。また、自動的なプッシュ通知やリマインダー機能も備えており、従業員やラインマネージャーが完了しなければならないトレーニングプログラムについてリマインドします。これらの自動化された機能と一元化された追跡ソフトウェアにより、人事部と従業員は自分たちの学習進捗を追跡することができます。さらに、従業員が適切なトレーニングを受け、最新の方針や手順に精通していることを保証します。


パーソナライズされた学習パス


トレーニング追跡システムでは、人事部やラインマネージャーが個々に合わせたパーソナライズされた学習パスを作成することができます。トレーニング追跡システム内のセルフサービス機能を使用すると、従業員は自分の現在の役割、スキルギャップ、キャリアの希望に沿った自身の学習カリキュラムを設計することもできます。人事部は、従業員が容易にアクセスできるように、トレーニング追跡システム上の学習リソースと資料のデータベースを常に更新することが求められます。このようなセルフサービス機能により、従業員は自らの学習を主導し、スキルアップやクロススキルを習得することで、専門的な成長の文化を築き、全体的な職務満足度を向上させることができます。


正確なスキル評価

優秀なトレーニング追跡システムの特徴の一つは、従業員のスキルや能力に関して包括的な一覧表を提供することです。これにより、人事部はスキル評価や評価を行い、特定の部門や従業員に係るスキルギャップを特定し、既存のトレーニングプログラムの改善点を見極めることができます。これらのデータ駆動型の分析は、学習プログラムがスキルギャップに効果的に対応しているかを人事部が理解する上で役立ち、ターゲットを絞ったトレーニングへの介入を可能にします。同時に、人事部はトレーニングへの投資、後継者計画、および人材管理に関する情報に基づいた意思決定を行うことができます。


コンプライアンストレーニングの強化


多くの組織は、運営している業界や特定の役職に応じて、特定のタイプのトレーニングを提供する法的義務があります。トレーニング追跡システムを利用することで、組織はコンプライアンストレーニングの割り当てと追跡を自動化し、法的コンプライアンスを保証します。効率的なコンプライアンストレーニング追跡システムを使用することで、人事部は、すべての従業員が指定されたタイムライン内で必要なトレーニングを受けていることを監視することができます。これにより、組織はコンプライアンス違反による高額な罰金やペナルティを負うリスクから保護されます。


トレーニング追跡システムへの投資は、スキルのギャップを埋め、高い機動性を持つ労働力を推進する組織に多くの利点をもたらします。これには、管理の効率化、従業員向けのパーソナライズされた学習パス、従業員の既存のスキルや能力に関する深い洞察が含まれます。さらに、業界や国の特定のトレーニング要件を遵守することが可能になります。良いトレーニング追跡システムは、労働力の進化する学習ニーズに適応し、ビジネス目標に沿った機能を備えています。知識のギャップを埋めるために設計されたトレーニング追跡システムに投資することで、組織は従業員にさらなる潜在能力を解放させ、より効果的で能力の高い労働力を構築することができます。


Add us on LINE app and stay connected with the latest updates and news!


閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page