top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

外国子会社 vs. 海外支社: 進出先を決める重要な選択



ほとんどの組織は、ターゲット市場で市場地位を確立した後、市場拡大の機会を探ることが次の論理的なステップとなります。成長機会には、外国子会社または海外支社の設立が含まれます。両者の主な違いは何であり、どちらのオプションを選択すべきか、組織はいつ選択すべきですか?


外国子会社と海外支社の定義

グローバリゼーション・パートナーズによると、外国子会社とは親会社によって所有され、別の実体として運営される法人です。親会社は通常、子会社の株式の51%から100%を所有しています。ほとんどの場合、子会社は親会社と同じ性質のビジネスを行いません。


会計や法務の問題に関しては、親会社にはしばしば責任や監督権限がありません。子会社は通常、親会社とは別の会計帳簿を維持し、子会社が非収益性に陥った場合は別の企業に売却されることさえあります。同様に、子会社が法的紛争に直面した場合、親会社には子会社に対するいかなる責任もありません。


一方、海外支店は親組織に繋がり、本社に報告することが期待されています。運営の問題に関しては、支店は完全に親会社によってコントロールされます。


会計の問題に関しては、海外支店は通常、本社と共有の口座を維持し、業務が非収益になった場合には閉鎖される可能性があります。法的紛争がある場合には、親会社が支店に100%の責任を持っています。つまり、法的責任は親会社にも及びます。


外国子会社を開設するメリットとデメリット

子会社は親会社とは独立しているため、新しいパートナーシップの探索や新しい市場への進出など、ビジネスを行うのがより容易になります。この独立性は、子会社にとって投資に関してもより柔軟性を与え、株式や債券を投資家やパートナー、ベンチャーキャピタリストなどの第三者に発行することができます。同様に、公開株式市場に上場して公開株式を発行することもできます。子会社は独立した法的実体と見なされるため、子会社が訴訟に直面した場合でも、親会社の株主にはいかなる責任も生じませんので、株主に対する法的保護がより大きくなります。


これらの魅力的なインセンティブがある一方で、子会社を開設するには多くの課題があります。子会社を開設するには、製造施設や研究開発部門などの追加施設が必要であり、比較的高い費用がかかる場合があります。子会社が外国で独立して運営されるため、親会社が文化的、経済的、政治的な微妙なニュアンスを理解し考慮することが不可欠です。親会社が現地市場の状況を理解するために現地所有権が強い子会社があると役立つ場合があります。


子会社を開設する際の大きな障害は、子会社が損失を出す場合です。親会社は海外支店を簡単に閉鎖することができますが、損失を出す子会社は莫大な費用と法的交渉を負担する可能性が高いです。


海外支店を開設することのメリットとデメリット

海外支店を開設することは、子会社を開設する場合に比べてコストが低く抑えられます。例えば、地元の所有権を交渉する必要がなく、親会社は賃貸スペースや従業員の給与などのオーバーヘッドコストだけを考慮すればよいです。支店は、親会社が本拠地とする国と支店がある場所での税制度によって、収益が処理されるため、二重課税が排除され、親会社にとってより大きな税制上の利益を提供します。全体的に、海外支店は、重い費用を負担することなく、親会社が外国市場にブランド展開する最も簡単で簡便な方法であると言えます。


海外支店を開設することは、新たな市場に参入するための比較的簡単な方法ですが、支店が運営できる事業は親会社のものに制限されることが多いです。同様に、支店が債務や訴訟を負う場合、親会社が責任を負います。これはしばしばステークホルダーを危険にさらします。海外支店は、持ち込む外国人労働者の数に制限を受ける場合があり、持ち込める才能の種類が限られる場合があります。


外国市場における子会社と支店のどちらを選ぶかは、急速に新しい市場に展開したい企業にとって、複雑で難しい問題であることがあります。しかしながら、組織のニーズや制約に最適な選択を決定するために、利点と欠点を比較することが常に最善です。また、外部のコンサルタントを利用して、適切なアプローチや移行戦略を推奨することも検討できます。

閲覧数:11回0件のコメント
bottom of page