top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

製薬業界は給与アウトソーシングからどのように利益を得るのでしょうか



製薬業界はヘルスケアと医療分野におけるイノベーションの先駆けとなることが期待されるため、常に世間の厳しい目にさらされる傾向にあります。


しかし、製薬業界も高インフレ、人材不足、資本コスト高騰の影響を受けやすいことは他の業界と変わりません。最近のPwCの報告によると、調査対象となった経営幹部の90%がマクロ経済環境に懸念を抱いており、その多くがすでに戦略計画の調整を図っているということがわかります。その中で給与計算は経営幹部が決しておろそかにできない中核機能のひとつであり、研究開発、特許、製造に費やす膨大な時間は別として、給与管理にもかなりの時間とリソースが必要です。そこでここでは、製薬会社が給与計算をアウトソーシングすることで得られる大きなメリットについていくつかご紹介します。


コスト削減


製薬会社は、多くの場合、複数の予算やコストを管理しているため、給与計算のような日常的な中核機能は見過ごされがちです。これはまた、給与計算システムやソフトウェアが古いことを意味し、それにより、給与計算のミスや、定期的なソフトウェアのアップグレード、あるいはソフトウェアの技術的な修正など、コストがかさむことが多くあります。


外部の給与計算ベンダーにアウトソーシングすることで、社内に給与計算チームを置く必要がなくなります。さらに、給与計算ソフトのアップデートやメンテナンスは、外部の給与計算ベンダーが担当することが多く、コストはライセンス料にまとめられるため、企業はそれを自己負担として考慮する必要がなくなります。それにより、製薬会社は研究開発やマーケティングなど、他の重要な機能に削減したコストを割り当てることが可能となります。


効率の向上


従業員の給与処理には、数多くの計算、税務申告、源泉徴収や法定控除が必要です。これらはすべて月単位で行われるだけでなく、新入社員や退職社員のための臨時の給与計算も含まれます。そのため、従業員数が多ければ多いほど、注意すべき給与計算や詳細の数が膨大になり、給与計算のミスが発生する可能性が高くなります。


給与計算をアウトソーシングすることで、製薬会社は、複雑な給与処理業務を専門とするベンダーに煩雑な業務を任せることができます。この業務には、時間外手当、シフト手当、休暇管理、福利厚生などの給与計算も含まれます。毎月の給与計算や臨時の給与計算も、アウトソーシングで管理することで、給与管理プロセス全体を合理化することができ、従業員も正確でタイムリーな給与支給を受けられるといった点で効率的であり、利益を得ることができます。


給与規程の遵守


給与管理における大きな懸念のひとつが各国の給与規定への準拠です。製薬業界は厳しい規制の中で運営されており、給与規定へのコンプライアンス違反は深刻な結果を招きかねません。刻々と変化する給与規定の中で、給与計算チームが最新の労働基準法や法定要件についていくのに苦労するのはよくあることです。


そこで、給与計算ベンダーが、製薬会社が最新の労働基準法、税務規制、給与計算要件を遵守するためのお手伝いをします。このような給与計算ベンダーの多くは、国や業界内で進行中の変更を常に把握することに特化しており、罰則や労働基準法等違反のリスクを最小限に抑えることができます。 グローバルな給与管理を専門とする給与計算ベンダーも増えてきており、特に重要な職務のためにグローバルな人材を採用することが多い製薬企業にとって非常に有益です。 コンプライアンスのニュアンスを理解している専門家に給与計算を任せることで、製薬会社はコンプライアンス違反や規制上の問題を心配することなく、重要な業務に集中することができます。


データセキュリティの強化


患者や従業員の詳細情報の機密性を考慮すると、製薬業界におけるデータセキュリティは、非常に重要です。同じ懸念は給与計算に関しても当てはまり、製薬会社は従業員と給与計算の機密性を維持するために、強固なデータセキュリティのための手順とプロトコルを確保する必要があります。


外部の給与計算ベンダーを活用することで、製薬会社は自社のデータセキュリティ対策をすることができます。ほとんどの給与計算ベンダーは、高度な暗号化技術、安全性の高いデータサーバー、厳格なアクセス制御を採用し、給与計算データを不正アクセスやデータ侵害・損失から保護しており、これらの対策は、製薬企業が高価なセキュリティ・インフラに投資する負担を軽減するものでもあります。しかし、製薬企業も、機密性の高い従業員データや給与データを管理する際、第一の防御層を確保するために、データ保護や暗号化対策を実施する必要があることも留意しておく必要があるでしょう。


製薬業界の重要かつ緊急性の高い性質を考慮すると、給与処理は追加の負担となることは間違いありません。この事務的かつ重要な社内業務を給与計算の専門家にアウトソーシングすることで、製薬会社は従業員のスキルアップ、将来即戦力となる人材の育成、重要な人材の確保・定着など、他の重要な人事業務のためにリソースを利用することが可能になります。同時に、給与計算処理の効率性と正確性が向上し、給与に関する法令や税務上の要件を遵守することができます。


Add us on LINE app and stay connected with the latest updates and news!


閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page