top of page
  • 執筆者の写真i-Admin

採用から定着まで:AIと機械学習がHRの業務を革新する方法

更新日:2023年6月22日




人工知能(AI)と機械学習(ML)は、HR業界を革新しています。これらの技術によって、HRプロフェッショナルが従業員を募集、採用、育成、定着する方法が変わる可能性があります。そのため、HRプロフェッショナルがAIとMLの利点を理解し、組織で効果的に実施する方法を把握することが不可欠です。


AIとMLのHRにおける利点


HRにおけるAIとMLの主な利点の1つは、時間がかかる繰り返し作業を自動化できることです。たとえば、IBMの「Predictive Attrition Program」は、従業員の離職リスク要因を特定し、離職を予測するために、AIとMLがHRで使用される典型例です。このプログラムは、従業員の人口統計、職務履歴、業績評価、エンゲージメント調査など、さまざまなデータポイントを分析するための機械学習アルゴリズムを使用します。


この分析に基づいて、プログラムは従業員の離職を引き起こすパターンや要因を特定できます。たとえば、長時間働いたり、通勤時間が長い従業員のリスクが高いことが分かる場合があります。これらのリスク要因を特定することで、HRプロフェッショナルは、積極的な措置を取って従業員を維持することができます。


プログラムは、離職リスクの高い従業員を予測することもできます。これにより、HRプロフェッショナルは介入し、行動を起こしてこれらの従業員を維持することができます。たとえば、トレーニングや開発の機会、柔軟な労働条件、またはその他のインセンティブを提供して、これらの従業員を維持することができます。


人事に人工知能(AI)と機械学習(ML)を導入する


AIとMLをHRに効果的に導入するには、HRの専門家がまず、これらの技術が最も価値を提供できる特定の領域を特定する必要があります。これには、現在のHRプロセスを徹底的に分析し、自動化やデータ分析が効率や効果を改善できる領域を特定することが含まれる場合があります。以下は、現在のHRプロセスを徹底的に分析し、自動化やデータ分析が効率や効果を改善できる領域を特定するためのいくつかのステップです:

  1. 現在の人事プロセスをマップ化する:まず、採用からパフォーマンス管理、従業員のオフボーディングに至るまでの現在の人事プロセスをフローチャートやプロセスマップにまとめることから始めます。これにより、関与するステップを把握し、改善のための可能性のある領域を特定できます。

  2. 痛点を特定する:HRスタッフやその他の関係者にインタビューを行い、プロセスが遅い、効率が悪い、またはエラーが発生しやすい領域を特定します。書類業務、手動データ入力、または自動化できる繰り返しのタスクなどの領域を考慮してください。

  3. 望ましい結果を定義する:自動化やデータ分析によって達成したい具体的な目標を決定します。これには、エラーの削減、プロセスの加速、または候補者体験の改善などが含まれる場合があります。

  4. データの分析:採用にかかる時間、離職率、パフォーマンス指標などのHRプロセスに関するデータを収集して分析します。これにより、プロセスの改善に関する情報を提供する可能性のあるパターンやトレンドを特定することができます。

  5. 現在の問題点と目標が明確になったら、それらのニーズに対応できる可能性のある技術ソリューションを調査・評価します。これには、人事情報システム(HRIS)、求職者追跡システム(ATS)、その他の人事ソフトウェアが含まれる場合があります。

  6. 新しい技術ソリューションを実装する前に、その効果をテストし、問題点を特定するために、小規模で試験運用を行ってください。これには、新しいソリューションを試してフィードバックを提供するために、小規模なチームや部門を選択することが含まれる場合があります。

  7. モニターと改善:ソリューションが実装されたら、HRプロセスへの影響を監視し、必要に応じて調整してください。定期的に、HRスタッフやその他の関係者からフィードバックを収集して、ソリューションが引き続き彼らのニーズに合っていることを確認してください。

  8. 機械学習アルゴリズムのトレーニングに使用されるデータが正確で偏りがないことを確認することも、HRの専門家にとって重要です。これには、データが適切にラベル付けされており、アルゴリズムが定期的に偏りをテストされるよう、ITとデータサイエンティストと緊密に協力する必要がある場合があります。

最後に、人事プロフェッショナルは、シニアリーダーシップ、従業員、ITを含む組織内の他のステークホルダーに対して、AIとMLの利点を伝えることが重要です。従業員のためにトレーニングプログラムを開発し、AIとMLイニシアチブのROIを示し、データプライバシーやセキュリティに関する懸念を解決することが含まれる場合もあります。


結論


AIとMLは、HR業界を変革する可能性があり、HRプロフェッショナルがより良い判断を下し、従業員全体の体験を向上させることができます。そのため、HRプロフェッショナルは、これらの技術について情報を収集し、それらを組織内で効果的に実装する方法を理解することが不可欠です。こうすることで、彼らは自らを組織内の戦略的パートナーとして位置づけ、従業員のエンゲージメント、リテンション、生産性の意義ある向上を推進することができます。


LINEアプリで友達追加して、最新情報を手軽に受け取ろう!


閲覧数:30回0件のコメント

Comentários


bottom of page